アルコール検知器(アルコールチェッカー) | 株式会社システムオリジン - creation for human flow SYSTEM ORIGIN - ICTで、生活に寄り添う移動のお手伝い。

関連商品(ハードウェア)

アルコール検知器(アルコールチェッカー)

記録の残るアルコール検知器の導入

運行管理者様のカンで、怪しい乗務員様を見つけ検査を行うのではなく出庫時に全員検査を行い、またその実施記録を残す必要があります。また、帰車時にも実施する事で、さらに、管理体制の厳格化が図れます。たとえば、東海電子社製:ALC-miniIIIは、測定の結果用紙(検査毎)を印字しますので、この検査用紙(出庫時)と交換に乗務員証を渡し、検査用紙(帰庫時)を受け取ってから、納金受を行う等で管理出来ます。この検査用紙には、日付/時間も印字されますので、日報に貼付け、タイムカードの代わりとして利用し、且つ検査記録として運用されている事業者様も増えてきています。

アルコール検知機の拡張機能

システム連動で更に確実な管理が可能に

前項で、紹介した検知機の上位機種:ALC-PROIIは、システム連動が基本となっており、測定中の画像を残す等、さらに信頼性の高い記録となります。弊社タクコンと連動し、検査記録簿印刷や、点呼簿記録残す事が出来ます。
また、血圧測定器との連動も可能ですので、()を、確認しながらの出庫判定が可能になります。

アルコールチェックと免許証の確認を一元化

免許証を設置するだけで有効期限の確認が可能です。
ALC-PROIIの本人認証キーとして利用することで、免許証確認と、アルコールチェック一元化。更に業務管理システムとの連動で、免許証不携帯、有効期限切れ、アルコール検知などの出庫を未然に防ぐ事が可能です。